進化する冷凍車

いろいろな利点が冷凍車には存在していますが、最大の特長はやはり冷凍状態で荷物を運輸できるところに尽きます。アイスクリームや肉の塊を冷凍状態で店舗まで運送できるので、さまざまなビジネスが可能になったのです。冷凍車の力です。
日本の国で一番に冷凍車を操作した運転手は、意外ですが女性ドライバーだと言われています。そもそも冷凍車は鉄道のコンテナから導入されましたが、その機能を陸上のトラックに搭載して運行するようになっていきました。米国で進化発展し、その後に日本にも入ってきます。今はいすゞ自動車やダイハツ自動車など日本勢も開発しています。
運搬を専門にやっている企業は当然ですが、アイスなどを商っている食品メーカーにも冷凍車は欠かせません。さらに、氷柱のモニュメントなどを製作するイベント業者なども冷凍車が必需品です。冷蔵機能と冷凍を両方持ったタイプが普通です。活用の範囲はとても広いです。

最大のメリットとは何と言っても遠くに冷凍された食品などを運べるところになります。前までは地元でしか食せなかった美味しいものでも、冷凍されたまま日本全国に配達することが可能になったために、いろいろな業者に販売数を伸ばせるチャンスが広がって、冷凍車があったために業績を上げている企業も相当たくさんあると言われているのです。
一口に冷凍車と言っても、温度設定がそれぞれ異なっているので、運送できるアイテムも違ってきます。マイナス25℃まで下げられるタイプの場合は、アイスクリームや冷凍の肉ブロック、冷凍魚類を運送します。0℃前後から氷点下15℃くらいのタイプなら冷凍食品を主に運びます。
明確な違いとは、冷凍車には冷凍機能が付けられていて、保冷車にはないということです。したがって冷凍車を開閉する時にはあっという間に車内気温が上がってしまうので、出来る限り素早く開閉するようにしなければ駄目なのです。その点保冷車の方が積荷の扱いにはそれほど注意しなくてもいいということになるのです。

類似したトラックに冷蔵車や保冷車がありますが、大まかに言って冷凍車は冷凍庫を積んで走り回る運搬車だとイメージしてみるといいです。保冷車は貨物車の荷台部分が断熱素材で梱包されただけのトラックですが、冷凍車に関して言えばマイナス25℃までの冷凍機能を持っているコンテナが設置されているのです。
女性はアイスクリームが好きだと思いますが、冷凍車がこの世界に存在しなければ、ありえない食べ物です。自力で製作するか、近所のアイスクリームショップに出かけるしか食べる方法はないのです。冷凍車が存在するからこそ、コンビニエンスストアでもスーパーでもアイスが楽しめるのです。大事な存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*