冷凍車レンタルの相場

もちろん燃費効率がそれほどよくはない冷凍車です。通常のトラック、例えばいすゞの4トンなら平均で7.4キロくらいはいきます。しかしながら、冷凍車となると、燃費効率はそれ以上に落ちてしまうのです。ただし、近年ではハイブリッドエンジンの冷凍車が開発されたため、燃費効率は少し改善されました。
エンジンを停止しても冷凍機器が活動を続ける冷凍車と、エンジンを切ると冷凍装置まで停止する冷凍車が存在しています。後者はエンジンの運動で冷凍機器を動かすため、常時エンジンを付けていないと、冷凍機能がストップしてしまいます。そのために駐車中でもエンジンはアイドリングを続けており、燃費効率は非常に下がります。
バラエティー豊かな積載トン数が用意されている冷凍車です。荷台そのものの形もいろいろと存在します。ウイング型に開くコンテナを搭載している冷凍車も存在しますし、ワゴンタイプの冷凍車もあります。当然軽トラックもあります。日用食品の宅配サービスにも使えるタイプも存在します。

用いる使途別に冷凍車は選択しなければいけないのです。冷凍車のスペックはそれぞれのメーカーや車両の大きさとかによっても違うので、販売店などに利用目的を正確に伝えて、目的に一番合った冷凍車を買うようにして下さい。価格が格安だからと言って機能の悪いものを選んでしまうと活用できなくなることも出てくるかもしれません。
単なる保冷車と異なって、冷凍車には荷台に冷凍機能が付いています。運転席内のエアコンに似た冷却機能が荷台にも付いていると考えましょう。荷台にだけ別に冷却装備が存在し、温度を設定すれば、自動で指定の温度を保ってくれます。近年はエンジンを停止しても、冷凍が継続する冷凍車もあります。
一言で冷凍車と言いますが、幅広い温度設定があります。低温冷凍車は0℃から零下15℃まで、超低温車になるとマイナス20℃ほどからマイナス25℃ほどまでに下げられます。荷によって温度設定を使い分けてください。もちろん超低温冷凍車の方がパワーを消費してしまいます。

大昔の冷凍車は、冷凍庫の電源をトラックの本体と一緒にしていたため、エンジンを切ると冷凍庫もストップしてしまっていました。しかしながら、今の冷凍車の一部は冷凍装置の副電源を別に装備しています。夜間の積み置きや予冷もできるようになりました。さらに最新のタイプはハイブリッドの予備電源を冷凍機能に使いまわしています。
冷えた空気を漏らさないように冷凍車のコンテナは分厚い断熱素材が詰め込まれています。超低温冷凍タイプになると、荷台の断熱材は厚さが10センチにもなります。しかも予備バッテリー、冷凍装置など余分な装置が多く搭載されているので、車体重量も重くなり、燃費も悪いというデメリットが考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*