冷凍車とは

岩波書店が出版する辞書『広辞苑』をチェックしてみても、デコトラの説明がありません。それほど認知された単語ではないのだと言えるのですが、デコトラとはデコラティブトラックの略です。冷凍車の荷台部分に色とりどりの絵を描き込んで、デコレーションした姿を差しています。もちろんメーカーの広告を描き入れてもデコトラになります。
日本においての冷凍車の歴史と言うのは明治41年から始まったのだとされていますが、アメリカにおいてはその60年以上前から始まったと伝えられています。最初は今のように高性能な冷凍車はなかったということなのですが、一度に多くの冷凍された食べ物とかを運ぶことが可能な冷凍車はその後どんどん開発されていったそうです。
外国では日本の自動車の需要が大分多く、冷凍車の値段も以前に比べると非常に高くなっているそうです。という事で冷凍車を廃車にする時には、ただ捨ててしまうというよりかは絶対に買取業者に出すようにすることがおすすめとなり、予想するよりも高額な値段が付いてしまうことも今では稀なことではないようです。

普通免許でも運転することができる冷凍車も作られているそうです。普通免許があれば運転可能な車は定められていて、特殊車両になると例外となりますが、トラックの場合でも決まった荷物の重さを上回らなければ冷凍車の場合でも動かすことができるように決められているので、仮に運転する場合は必ず搭載量を車体の制限の数字を確認するようにして下さい。
税制上での冷凍車の使用可能年数は、4年間となります。その結果中古のマーケットにも4年落ちくらいの中古冷凍車がいろいろと出回っています。ただし単純に冷凍車としての機能をまっとうできる年数だけを考えるともっと長くて、10年前後はオッケーです。扱い方次第ではさらに長持ちしてくれます。
インターネットを活用して調べると冷凍車を修理修繕している業者を数多く探し出すことができます。冷凍車を買う時も点検する場合も各業者でかなりの料金の差が出てくるので、近所の専門業者のデータをいろいろ調査して一番良い業者にお願いするようにすればいいのです。

デリケートな機器が装備されている冷凍車なので、仕組みが複雑になってくるほどに電気システムのトラブルも増えてきます。ものすごい電気を使用し、バッテリー器機もすごい不可を受けています。結果としてシステムに問題が起きて荷台内の温度が下がらなくなってしまうケースも生じます。
体調不良でハンドルを握ると事故に合う確率が多くなるので、冷凍車を運転しなければいけない人達はきちんと睡眠時間を取るようにして下さい。万一事故が起きると自分だけでなく会社に対してもかなりの迷惑をかけてしまい、加えて冷凍車で交通事故を起こすと、積んでいる品物が利用できなくなってしまう確率も高くなるため、被害は大分大きくなることになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*